Cath KidsonやLaura Ashleyのような花柄・カントリー調のインテリアだけじゃない英国の様々なインテリア事情をご紹介していきたいと思います。


by Alice Tinkerbell
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:室内装飾雑誌( 4 )

ここイギリスでは、夏が終わると同時に
デパートやスーパーでは、ちょっとずつクリスマス商品が並び始めます。
つまり、さあ、楽しい夏が終わってしまったので、次のお楽しみ!!
クリスマスを楽しもう!という魂胆です。

そして、11月ともなると街のあちこちでクリスマスイルミネーションが
飾られ、デパートのウィンドウもクリスマス一色となっていきます。

今日は、同じみのイギリスで発売されておりますインテリア雑誌
「Ideal Homes」と「Country Homes」の中から、いくつか
クリスマスデコレーションされたインテリアをご紹介したいと思います。

まずは、「Ideal Homes」から、リビングルームの
クリスマスデコレーションです。
a0214976_2324090.jpg

a0214976_2335583.jpg

a0214976_235017.jpg

a0214976_2354324.jpg

こちらでは、やはり本物の木で飾り付けるのが人気です。
・・が、毎年、道徳心のない人達がクリスマス後使い終わった木を
義務付けられた場所に捨てずに路上に放置する人が多いため、問題に
なっております。
我が家では、掃除が大変。というずぼらな理由から本物の木は使わず
人工の木を飾っております。

続いては、「Country Homes」からご紹介する
クリスマスデコレーションです。
a0214976_2394662.jpg

a0214976_240722.jpg

a0214976_2402946.jpg

a0214976_2404948.jpg


以上、いかがでしたでしょうか?
やはり、いくつになってもクリスマスって何だかワクワクしますよね♪♪

我が家もそろそろクリスマスの飾りつけをしないといけないのですが、
その前に、ごちゃごちゃと散らかってきた家全体を一掃大掃除と思って
手をつけ始めたら、さあ、大変・・・。あまりの物の多さに、片付くどころか
散らかっていく一方・・・・。

もう1週間も掃除が続いております。
そして、いまだゴールが見えず・・・・。

一体、いつになったらツリーが飾れるのやら・・・。
と言った感じです。

ここまで読んで下さりありがとうございます。
ランキングに参加させていただいておりますので、
お時間のある時にでも、クリックしていってくださると
うれしい限りです。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
by Alice-Tinkerbell | 2011-11-13 02:47 | 室内装飾雑誌
久しぶりにここイギリスで発売されているインテリア雑誌の紹介をしたいと思います。
過去2回に渡って、私が一番のお気に入りの雑誌「Livingetc.」と大衆的人気を誇る雑誌「Ideal Home」をご紹介させて頂きましたが、今回ご紹介しますのは「Homes & Gardens」という雑誌です。

タイトルからもお分かりになる様に、インテリアだけでなくガーデニングの紹介もしている雑誌で、似たようなタイトルで「Houses & Gardens」という雑誌もあります。
私個人的には今回ご紹介する「Homes & Gardens」の方が好みのタイプのインテリアが多い気がします。

こちらの雑誌も他の雑誌同様一般の実際に住んでいらっしゃる方のお宅のインテリアを紹介しております。
(*中には、雑誌のインテリアデザイナーの方の提案するインテリアもまじっております。)
「Bed Rooms by Homes & Gardens」
まずは、こちら、我が家のゲスト用トイレのイメージ参考にもなったインテリアです。
こちらの壁紙は手描きの物で、グリーンの色合いといいとても美しい装飾です。
a0214976_3463163.jpg

こちらは、ストライプのヘッドボードとカーテンがマッチしていて、カラーコーディネイトも紫とグレーの濃淡で調整しています。
a0214976_349562.gif

こちらは、最近イギリスでも人気のフレンチシックのインテリアです。
a0214976_353111.jpg

「Living Rooms by Homes & Gardens」
こちらは、トラディショナルなリビングルーム
a0214976_3574499.jpg

最近は、壁をこのように黒や濃い色で塗るのが流行っているようです。天井が高く、広い部屋には有効的だと思います。
a0214976_3593723.jpg

インテリアもさることながら、お部屋の作り自体が美しいですよね。
a0214976_423942.jpg

「Dining Rooms by Homes & Gardens」
カントリー調のさわやかなダイニングルーム。青のフラワーが美しいアクセントになっています。
a0214976_471757.jpg

Rusticな中にどこか洗練された印象を受けます。
a0214976_492983.jpg

こんなに広々としたオープンタイプのキッチンにダイニング、憧れてしまいます。
a0214976_412192.jpg


以上、どうでしたでしょうか?
Livingetcに比べるとトラディショナルなインテリアが多いように思えますが、ただトラディショナルというだけでなくどこかしらにモダンな部分であったり、わざと路線を上手にはずしていて非常に美しいインテリアに仕上がっているように思えます。もちろん、一般大衆的なインテリアであるIdeal Homeのインテリアとはまったく違って洗練された上流階級のお宅のインテリアが多いそれが「Homes & Gardens」の特徴かと言えると思います。

ここまで読んで下さりありがとうございます。
お時間のある時にでも、下のランキングバナーをクリックして頂けましたらランキングがちょっとずつあがって、どなたかが読んで下さっているという励みになります。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
by Alice-Tinkerbell | 2011-09-09 04:26 | 室内装飾雑誌
今回は、「Ideal Home」というインテリア雑誌を特集してみたいと思います。

「Ideal Home」は、毎年年に一回Earl's Courtという東京で言うところの国際展示場もしくは有楽町国際フォーラムのような展示場で大体的なインテリアショウも開催している名の知れたインテリア雑誌です。

私もイギリスに来て以来、ほぼ毎年こちらの「Ideal Home Show」には足を運んでおりますが、毎年大変な人出です。そんな事からも、この国のインテリア好きが伺い知れます。

早速、こちらの雑誌で紹介されていたお部屋をご紹介していきたいと思います。

「Living Rooms by Ideal Home 」
ナチュラルインテリアで、とても居心地のよさそうなリビングルームです。
a0214976_17161348.jpg

こちらもパステルブルーの壁に、ニュートラルな家具がどんな方にも受け入れられる好感度の高い空間を作り上げていると思います。
a0214976_17181690.jpg

壁紙のピンクをクッションでリピートさせております。このリピートってインテリアでは効果大ですよね。
a0214976_17415177.gif


「Dining Rooms by Ideal Home 」
エレガントでありながら、どこか新しい。色使いがとても上手な、そんなスタイルのダイニングルームです。
a0214976_1721281.jpg

ミッドセンチュリー風でもあり、北欧風でもあるのでしょうか?シンプルな中に壁一面に張られた世界地図がとてもいい味を出しています。
a0214976_1723627.jpg

色合いを押さえ、ゴーストチェアとクリスタルのシャンデリアがとてもマッチしていると思います。
a0214976_17322821.jpg


「Bed Rooms by Ideal Home 」
ホワイトとグレーのコンビネーションがとても大人な感じで素敵です。
a0214976_1728731.jpg

今度はとても女性らしいロマンチックなベットルームです。
a0214976_17294376.jpg

何だかボヘミアンなベットルームです。この色彩の使い方。なかなか真似が出来ないんですよね。私がやるとチグハグになってしまって。。。
a0214976_17312497.jpg


「Other Rooms by Ideal Home 」
子供部屋です。 こーんなかわいい子供部屋がある子は幸せですね。
a0214976_17365311.jpg

今度は男の子のお部屋です。男の子の部屋に赤を使うというのもこっちならではのような気がします。
a0214976_17394655.jpg


以上、他にもまだまだこちらの雑誌からもご紹介したいインテリアがあったのですが又の機会にぜひご紹介したいと思います。

前回ご紹介させて頂いた「Livingetc 」と比較すると「Ideal Home」の方が庶民的と言いますか、万人に好まれるインテリアのような感じです。 
それもそのはずで、「Livingetc 」に登場するインテリアはどちらかと言えば、アーティストの方のお家ですとかスタイリストの方のお家など割と芸術肌の方のお宅が多いように見受けられますが、「Ideal Home 」に登場するお家は、一般の主婦の方やサラリーマンの方が多いようです。
よって雑誌内容も、家の改装にいくらいくらかかりました。などの主婦にお役立ち情報がのっていたり非常に大衆向けです。

皆様はどちらのインテリア雑誌がお好みでしたでしょうか?

もし、これをお読みになった方で、ぜひこれらの雑誌を購入してみたい方などございましたらご相談にお乗り致しますので、こちらまでご連絡下さい。alice-tinkerbell@excite.co.jp
その他、イギリスのインテリアに関することでご相談がございましたら何が出来るかはわかりませんがご相談受け承ります。

今日もここまで読んで下さり、ありがとうございます。
ランキングに参加しております。
お時間のある時にでも、下のランキングバナーをクリックして頂けましたらうれしい限りです!!
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
by Alice-Tinkerbell | 2011-07-05 17:58 | 室内装飾雑誌
日本ではよく「衣食住」と言われ、日本人にとってのプライオリティーを示す言葉とされておりますが、昨今では一番優先順位の低かった「住」にも重きを置かれる方が多くなってきていると思われます。

さて、ここイギリスではどうかと申しますと、「住衣食」といった順番であるような気がします。昨今ではだいぶ食への興味も増えてきたようで、テレビなどでも料理番組も増え、いわゆるセレブシェフなる者がもてはやされております。 とはいえ、やはり「住」への関心が一番高くテレビ番組も不動産を紹介する番組や、インテリア向上を指南する番組などが非常に多いです。

そしてインテリア雑誌の数も非常に多く、ご親切にもそれぞれのインテリアテイストに合わせた様々な雑誌が発行されております。 
例えば、カントリー風インテリアが好きな方であれば、「Country Homes & Interior 」。アンティークが好きな方であれば、「Homes & Antiques」などなど。読者は、自分の好きなテイストの雑誌を購入すればいいわけです。

今日は、そのインテリア雑誌の一部をご紹介させて頂きたいと思います。

こちらで発行されているインテリア雑誌は私が認識しているだけでも、ざっと14部数。実際にはもっと発行されていると思います。

その中でも、私個人のお気に入りのインテリア雑誌は「Livingetc」という雑誌で年間購読しております。 今日は、その雑誌で紹介されていた室内装飾をご紹介します。

「Living Rooms by Livingetc」
色彩の使い方が非常に上手ですよね。。。
a0214976_1844116.gif

ここ最近イギリスではユニオンジャックをデザインした物が人気です。
a0214976_1862032.jpg

一見無秩序に見えて、インテリアデザインとしてきちんと計算されてますよね。
a0214976_188223.jpg

「Dining Room by Livingetc」
こちらの色の使い方もとっても絶妙です。
a0214976_18124623.jpg

とても気持ちの良いさわやかな空間が出来上がっております。
a0214976_18141612.jpg

色調を抑え、デザイン性の高い一つ一つの家具や照明の良さを引き出しています。
a0214976_18184660.jpg

「Bed Rooms by Livingetc」
モダンとトラディショナルを上手に組み合わせてますよね。。
a0214976_1821587.jpg

こちらのヘッドボード側の壁に書かれたステンシルはこの家の持ち主の方が自らデザインして描かれた物だそうです。
a0214976_1822519.jpg

「Other Rooms by Livingetc」
Dressing Room 着替えの為だけにこんな素敵な部屋があったらいいですよねー。
a0214976_18251571.jpg

Entrance Hall ステンドグラスが素敵です!
a0214976_18265428.jpg

Home Office 壁の飾り方、ぜひ参考にしたいところですね。
a0214976_18292484.jpg


驚くのが、これらの紹介されたお部屋がインテリアデザイナー(インテリアコーディネーターをこちらではこう呼びます。)が雑誌用に作り上げた物ではなく、一般読者の実際に存在するお宅がほとんどであるという事です。 やはりインテリアに対する歴史が違うなー、、かなわない。。。と思うばかりです。

どうでしょうか? 「Livingetc」という雑誌のインテリアに対するコンセプトを感じ取れましたでしょうか?

他にも、たくさんご紹介したいインテリアがあったのですが今日はとりあえずこの辺で。。。
またの機会に他の雑誌のインテリア内容をご紹介したいと思っております。

また、今日も長い記事になっちゃいました。
ここまで読んでくださり、ありがとうございます。

ランキングに参加しております。
お時間のある時にでも、下のランキングバナーをクリックして頂けましたら非常にうれしゅうございます。
にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村
by Alice-Tinkerbell | 2011-06-23 18:39 | 室内装飾雑誌